高専数学まとめノート@はてなブログ

解法のエッセンス。数学のトピックス。

ストレスと”息抜きスマホ”の罠 その2

試験前のスマホゲームを我慢できない

試験前の高専生と過ごしていると、スマホゲームの稼働率が明らかにアップしているように感じます。どうも試験前の”追い込み”めいた空気の高まりと共に、稼働率も高まってるような…。試験前の生活と、スマホゲームという気軽に興奮できるツール。これらに何か関連がありそう。
前回(ストレスと”息抜きスマホ”の罠 その1)に引き続き、「The Willpower Instinct」(意志力の本能:邦題・スタンフォードの自分を変える教室)の一節から考えます。

睡眠時間が6時間未満の人は、もしかしたら意志力がみなぎっている感覚を思い出せないかもしれません。睡眠不足が慢性化するとストレスや欲求や誘惑に負けやすくなります。(中略)意識を集中させたり、「やる力」のチャレンジに取り組むのも難しくなります。
スタンフォードの自分を変える教室 P82より一部中略にて抜粋)

睡眠不足がスマホゲームへと誘う

なるほど、「○時間しか寝てません」「(朝方)に寝ました」の結果、あなたは、我慢できなくなっていたわけだ。
睡眠が大事って勉強や健康の話でもよく言われるけれど、睡眠不足で自制が効かなくなる根拠は何なのか。同書によると、身体や脳のエネルギー源である『グリコーゲン』が、睡眠不足によって体の細胞に吸収されづらくなることが、その1つらしい。つまり、意志の源(グリコーゲン)は有限で、睡眠不足でその摂取量・保有量が減ってしまうというわけ。
その結果、ストレスに過剰反応し、目先の小さなストレス解消に流されてしまう、と…。さらには、スマホゲームはそのわずかなグリコーゲンを考え事(次はどんなアイテムを使おうかな・・・?どう並べたらコンボが繋がるかな・・・?等々)で消費してしまうんだから恐ろしい。

脳が使用できるエネルギーはただでさえ限られているのに、自制心を発揮するには多くのエネルギーが必要だからです。
スタンフォードの自分を変える教室 P83より一部中略にて抜粋)

気付いた時には、脳にエネルギーが無くなっていて、自制が効かず、勉強を再開するための”多くのエネルギー”などもはや無い。そして、”勉強を再開できない自分”への嫌悪感が募っていくというわけだ…。
(なんという悪循環。何も良いことが無いぞ。なんというか、自分を嫌いになるためのサイクルって感じだ…。)

原因は試験前のあなたじゃない

睡眠不足が意志力を当てるべき事柄を間違った方へと誘ってしまうことを知っておこう。そして目先のストレス解消が、体に残っている意志の源を奪っていく、という視点を持っておくこと。また、意志は、あくまでも、体にある栄養から作られる、という事実も意識しておきたいですね。ここに根性論が介在する余地はなさそうです。
ちょっと過剰な捉え方かもしれないけれど、試験前の勉強について言えば『睡眠時間を削る試験勉強は、そもそも負け戦になりがち。』ということかもしれない。どうやら、『試験前にスマホをやっちゃう自分』に嫌悪感を抱く前に、勉強の計画の立て方を反省・改善すべき事柄として意識した方が良さそうですね。

計画の立て方とは

スマホについて考えていたら、『勉強の計画の立て方を知る』という新しい目標が見えてきた。次回からはこれについて書いていこう。

補足:止め時を見失う、あなたの心の2つのメカニズム

サンクスコストバイアス。

私たちの心は、一回時間やお金を投資した物事について、これに費やしたコストが無に帰してしまうことが勿体なく感じられてしまう。結果、今までの労力が消え去るのが口惜しく、もはや作業ゲーと化したアプリを面倒だと感じていても、止められない。
参考:埋没費用 - Wikipedia

授かり効果。

私たちの心は、一度手にしたものはどんなものでも手離したくなくなったり価値を高めに見積もってしまいがち。無課金で始めたゲームでさえ、溜まった経験値や得たレア(と設定されている)スキルやレア(と設定されている)アイテムをひとたび手にしてしまえば、それを失うのはつらい。
参考:
【予想通りに不合理】高価な所有意識:なぜ自分の持っているものを過大評価するのか | Decision Switch

断ち切ることで、得られるものがある

この事を知って、もう一度あなたとスマホアプリの関係性を見直してみよう。これまでにどんなものを得たかに執着する心を振り切って、このままこの作業めいた操作を続けることの価値をしっかりと見つめてみたほうが良いかもですね。
価値があるか分からないけどいつのまにか習慣化してしまっている物事について、それを断ち切ったら何が得られるか考えてみよう。そして、頭の中で、その習慣で得られることと断ち切って得られることを冷静に天秤にかけてみよう。

記事で触れた本

「The Willpower Instinct」はこれまで抽象論や根性論で語られてきた”意志”を科学をベースに解説し、今から行動・意志を変えたい人のためのノウハウ集です。おすすめですよ!

スタンフォードの自分を変える教室

スタンフォードの自分を変える教室

参考:断ち切り方の練習に、こういった思考をトレーニングしてくれる本も多くありますね。
エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする